7時に起きる

もう二度寝はしない

【退職するんだけど】少しずつ仕事が楽になっていく


f:id:chiakiyukio:20180513011709j:image

 

仕事を辞めるんだ、辞めていいんだと思い始めてから。

不思議と、仕事でのストレスが軽減されてきた。

 

あんなに、同じ空間にいるのが嫌でしょうがなかったお局さん。

今でも嫌だし、人間的に軽蔑しているけど、

嫌われないように、悪口や陰口を叩かれないように、

そんな風に気を張る事がなくなった。

それがかなり、自分の心の負担を減らせたように思う。

 

 

お局は、変に話しかけてほしい空気を出すことがあり、

関わりたくないのに話しかけないと、問答無用で無視対象になる。

話したところで、お局は差別と悪意に満ちた悪口や陰口を延々と喋っていて、それを聞くだけでも病みそうだった。

 

それも、付き合わなくて良い。

嫌なら付き合わなくて良いんだ、と。割りきれた。

 

辞める、

実際に辞める、と決めないとここまで思えなかった。

 

その場に居続ける人間が、そんな態度をとれる訳がない。リスクがあるから。

ちょっとでもお局の怒りを買ってしまえば、もう心をズタズタにされるまでいじめられるだろう。

実際、それで辞めた人は何人もいた。

私はお局からターゲットにされた訳ではないけれど、

お局にとっては「自分の機嫌次第ではどう扱ってもいい人間枠」ではあり、

日常的な無視がランダムに起こる、というお局の中だけに成立するシステムにとことん疲弊していた。

 

 自分が変わればきっと大丈夫、と。

自己啓発本を読んで、いつも微笑みを口元に浮かべて、悲しいという感情を強制的に押し込んだ。

 

その笑みも止めた。

笑みを止めたら、あいつ感じ悪い、と即座に非難されるだろうと思ったが、そうならなかった。

無表情の時間を作ったことはかなり仕事中のリラックスに繋がった。

笑みは、私に至ってだけれど、イコール緊張でもあったようだ。

 

明らかに以前より冷静に仕事ができている気がして、

何度も「このまま仕事を続けてもいいんじゃない?」と悪魔が耳元で囁く。

その時に私が思うのは、こういうこと。

 

・祝日、大型連休、クリスマス、年末年始、GW。全て働いて、8年やってきた。もういいかげん、辞めよう。

・今は残業もほぼなしで働けているが、基本的にはサービス残業を強制する社風だ。今は周りの白い目をなんとかやりすごして帰れているが、いつ帰れなくなるか分からない。

・立ち仕事で疲労しすぎて、家事も料理もできていない。家事も料理も好きだ。好きなことをもっとしたい。

・会社事態が末端の売り場の人間を大事に扱っていなくて、散々摂取されてきたように感じる。おさらばしよう。

 

ほんとに長いことよく頑張った。8年いた。

ずっとずっと接客業をやってきた。

もういいでしょう、いらっしゃいませと言うのは。

もうやめよう。

ありがたいことに、辞めてもしばらくは大丈夫そうな環境がある。

心を休ませよう。

このままじゃ壊れてしまう、それが怖いと、私より先に察知した夫に、「辞めなよ、元気になってほしいよ」と言われたんだから。

 

だから辞める。

 

何度も何度も、

頭のなかでそうディスカッションしないと辞められない。

ほんとにわたしって、

とことん馬鹿で、クソ真面目みたいです。

 

以上でーす。

 

 

↓【写真提供】(使用許可をいただいてます)

 

https://www.instagram.com/hikmox1/