7時に起きる

もう二度寝はしない

ご飯の上にリフトオフ

毎日お弁当を作っているんですが。

私は絶対に白米に何かのせたい人

だという事が分かりました。

 

真っ白いご飯だけがドーンとあると、

それだけでなんとなく食欲が削がれる。

なにかふりかけたい、なにかのっけたい。

 

実家を出て弁当を作るようになって一年。

必ずご飯の上にリフトオフし続けてきた、私の見解をここに記します。

 

 

・【最強のライスオブリフトオフ】鮭フレーク

これは最強。

鮭フレークがあれば米一粒一粒がしまる。

必ず美味い、満足感が段違いにあがる。

しかし少々高いのと、減りが早いのと、

瓶に入っているので瓶を捨てるのが面倒臭いというのが難点。

 

・【王道故の磐石なるセンター】梅干し

一粒上にポンとやるだけで、お弁当ご飯に味変の概念をもたらす。

種は抜いてポン。くずしながら食べてもよし、一気に一口でいってもよし。

なんだかんだで梅干しは美味い。

でもやっぱ少し高い。

 

・【白米上のアーティスト】こんぶの佃煮

甘味があるので、味のバラエティが広がる。

おかずと別にご飯だけでも楽しめる。

でもちょっと飽きてくるのが難点。

 

・【その佇まいに歴史有り】海苔

最強に美味い。個人的に鮭フレークと双璧をなす存在。

お醤油をつけた海苔をご飯の上に並べ、

余裕があれば海苔を二段にしてご飯を挟むとより評価点があがる。

しかしこの作業がクソ面倒臭いのがかなりのマイナス点。

 

・【その手があったか】かつおぶし

 あっリフトオフするものがなにもない!

という緊急時に役立つピンチヒッター。

しかし、あまり満足感はない上に貧乏臭く見えるので使用頻度は少なめ。

 

・【リフトオフ界の刺客】ゆかり

実はこれがコストパフォーマンス的にも、味的にも、手間的にもベストオブリフトオフなのではないかと噂されています。

とにかく安いのに、長く使用できて、中々なくならない上に食べたときの満足感も大きい。

容器も袋に入っているので捨てるのも楽。

あらー?

 

 

ということで、

今のところは「ゆかり」が最強なのではと。

私が多用している上のメンバーは、世の中的にもかなりメジャーなものなので、

その他にも模索していくのもいいかもしれないですね。

 

では、以上でーす。