7時に起きる

もう二度寝はしない

アナログなミニマリスト

f:id:chiakiyukio:20180331104247j:image

こちらの本、ミニマリストが流行していた時に本屋でよく見かけたような気がします。

図書館で借りられたので読んでみたところ、凄く文章も軽快で面白かったです。

 

元々わたしは捨てるのも整理するのも好きなので、早速参考にしたりもしました。(シンクにあるスポンジ置きを捨てて、スポンジは使ったら干すようにした)

また、本の最後の方はミニマリストになってからどう心境が変わったか、捨てたことで毎日が豊かになったことを説いていて、

断捨離って物質的なことと思ってたけど、心の整理にも繋がるのか、と、またひとつ気付いたような読後感です。

 

でも気になったところがありました。

 

 

 この著者の方はiPhoneユーザーで、スマホも使いこなしています。(ジョブズをリスペクトしてるみたいです)本も捨てて電子書籍で読書を楽しんでます。

捨てられないものなどは写真にとってデータにしてから捨てたり、写真や手紙などもスキャニングしてデータにして保存してから破棄したそうです。

またネットオークションや買い取りサービスを利用して高価なものは手放したそうです。

 

そういった方法も本に書いてあったのですが、

 

超アナログでネットがなんたるか何も分かってないミニマリストはどうすればいいんだろう。

ということを切に思いました。

 

私はパソコンも持ってないですし、家にはWi-Fiもないですし、このブログも格安ケータイで書いてます。(文字がクソ打ちにくいのですが、もう諦めました)

このブログを続けられたら小さなパソコンを買おう!と思って目標にしてましたが、今や全く必要性を感じてないので、多分買いません。

夫も同じく機械に弱いので、iPhoneのアップデートがよく分からずいつも「俺のiPhoneそろそろヤバイんじゃないか」と怖がってます。

スキャニングもよくわからないですし、iCloudに永久的にデータが保管されると言っても、iCloudがサービス終了したらどーすんの?と真面目に思います。

 

こんな時代錯誤な人間はミニマリストになれないのかなーと一瞬思いましたが、

アナログにはアナログのやり方がある!と、考えました。

 

そもそも、ミニマリストは最小限のもので健やかに生きていく人達のことなんですから、私がWi-Fiを必要としなければWi-Fiはなくていいのです。

 

で、私の拙いやり方ですが。

写真などは100均にあるボックスファイルにまとめていれることにしました。

 
f:id:chiakiyukio:20180401105617j:image

 

こんな感じのやつ。

アルバムとか作った方が素敵かな、とも思いましたが、その考えは今はありません。

写真もこんなファイルにいれてたら劣化しちゃうよ、と思われそうですが、劣化して困る写真ならとっくに綺麗に保管してるはず、という哲学です。

飾りたい写真しか基本的には印刷していないし、ファイルに保管している写真は夫がもらってきた写真がほぼです。

これから結婚式があるので、アルバムを作ったりもするでしょうから、そういうちゃんとしたやつはキッチリ保管するし、作りたくなったら作ろうと思います。

 

ミニマリストといえばとことん削ぎ落として最小限までものを持たない人のように思われてますが、

私は家にアルバムを置く棚が一つあっても良いと思います。

ただ、めちゃくちゃな保管方法は好きでないので100均ファイルを採用しました。

ミニマリストはその人それぞれの価値観を採用する考え方なので、そーゆーところが好きですね。

 

色々書きましたが、納得できるところも沢山あったので、文庫とかあったら買ってもいいかな?とすこーし考え中です。