7時に起きる

もう二度寝はしない

共働きで育児もするなんて恐怖しかない

f:id:chiakiyukio:20180311104642j:image

 

結婚式が終わったら子作りしよーか?

と、夫に提案されました。

 

それに素直に「うん!」とはリアクションできず、

漏れるように言ったのは、「妊娠するの怖いよ」という返しでした。

 

怖いよ、と言いながら何が怖いのか、

よくよく考えてみたところ、

 

妊娠したまま今のストレスの多い職場で働くのも怖いし、生まれるギリギリまで立ち仕事で働くのも怖いし、生まれたあと育児も家事も私が全部負担するのも怖いし、仕事を復帰したあとに仕事と家事と育児を全部負担するのも怖い。

 

という事だと分析しました。

夫はもしかしたら、今までの生活に「可愛い赤ちゃん」がプラスされる生活くらいにしか考えてないかもしれません。

私は違います。

数々の育児コミックや、妊活エッセイ、そして最近は田房永子毒親マンガを読んだりしたので意識が全然変わりました。

 

24時間泣き続ける赤ちゃんがいるのでトイレに行くことも寝ることも許されず(自分が目を離したら死ぬので)

夜中も泣くのでほぼ寝られず、外でも泣くので長い外出はできず、

保育園にいれるのも苦労して、

職場に復帰したらブランクもあるので失敗ばかりするし、早く帰ったり、子供の体調不良で急に休んだりするのでまわりのあたりは強く、

帰ったら食事や家事も自分がしなくてはならず、睡眠時間も少ないままに早朝に起きて子供の朝ごはんを作らないとならない。

 そのあとに保育園に子供を送ってから、出勤して、退社して、迎えに行って、スーパーに寄ってごはん作って、家事やって………

 

あ、無理だ。

 

と、頭を抱えました。

先日も仕事で阿鼻叫喚の忙しさの中、定時で帰れず2時間残業して、家に帰った頃には笑顔もなくなり浅い呼吸のまま、本当に不機嫌で怒りを夫にぶつけてしまいました。

忙しすぎて頑張ろうと無理すると、人は不機嫌になりどうしようもなくなる、とその時よく分かり、

これ、子供いて、こんな気持ちのまま接してたら子供に当たってしまうかも。

と、自分が怖くなりました。

 

よくショッピングモールやスーパーで見かける、子供に厳しく怒鳴りまくる母親。

あんなに怒らなくても…と思いますが、いざ自分が同じ立場になったら同じように怒っているかも。

そういう可能性がゼロではない恐怖。

それを自覚しているので、少しは抑制力になるかもしれないと前向きに今は思ってますが……

 

子供が可愛い、という水戸黄門の印籠だけで、やっていけるほど甘くないと思うんですよね。きっと。

 

とにかく、 一人で全てを抱え込むような母親にはなりたくない。夫の育児への参加、共働きなんだから二人で育てたい、と切々と話したところ。

そもそも夫が育児放棄する前提で話していることにショックを受けたらしく悲しそうでしたが、私が不安でたまらないことも分かってくれたみたいです。

 

大丈夫、一緒に育児するし、助け合うよ。

と、夫が言ってくれたので、とりあえず安心しました。

 

協力してほしいこと、やってほしいことは夫に話す、とにかく話す。不安なこと、つらいことも話す。

ぼんやりしたことではなく、具体的に行動にうつせることで相談した方がいいかもしれない。

そして周りや、また自分が自分自身に押し付ける「母親とはこうあるべきだ」という確固たるイメージも捨てる。

100点の母親にならなくていい、100点の妊婦にならなくていい(虐待とか妊娠中のアルコール摂取など、犯罪行為などはもってのほかなのでそれははずして)

私は肩の力を抜いて、リラックスして今後の環境の変化には臨んでいきたい。

 

なってみないとわからない。

案外うまくいくかもしれないし、

息もできない窮屈さに迷い混むかもしれない。

とにかく、一人で抱え込むのは絶対にやめよう、子供のためにも、とかたく自分に誓いました。

 

夢見てないだけ、まだスタート地点としては良い方かなとも思っています。

 

以上でーす。

 

 

↓【写真提供】(使用許可をいただいてます)

 

https://www.instagram.com/hikmox1/