7時に起きる

できるだけ毎日

【読みました】ブスが美人に憧れて人生が変わった話。【やってみた】

立ち読みしていたら面白くて、

棚に戻して、そのまま帰り、

しばらく2~3日、本のことが頭から離れなかったので、結局買ってしまいました。


f:id:chiakiyukio:20171230233909j:image

 

タイトル通りの内容で、

すーっと頭に入るユーモア溢れる文章で、いかに自分がブスだったか、いかに美人に憧れ、自分を変える事ができたかが語られています。

 

この本で一番刺さった言葉は、

「よし。美人をパクってトレースしよう」

ですね!

 

こういう女を磨こう系の本は100冊あれば100冊大体同じ事を伝えていると思うんですが、

美人をパクってトレースしよう、という言葉は非常に分かりやすく、この本くらいしか書いてないのではと思います。

真似しよう!目指そう!参考にしよう!

などはあるかもしれませんが、

パクってトレースしよう、という言葉の「自分でもやれるかもしれない」という、言葉からの歩み寄りが感じられて、勇気が出てきます。

 

それにこの本は、著者のブス時代の黒歴史や思考が本の三分の二は占めていて、今正にふてくされたブスに陥っている女性には刺さりまくりです。

ブスあるあるを充分に読んでからの成長なので、この本きっかけで変われる方も多いでしょう。

 

で、美人をパクってトレース。

わたしもやってみました。

 

私ができていなくて、美人をパクりたいことは、

ちゃんと店員さんの目を見て物を受けとるです。

 

わたしはよく駅のパン屋で買い物をするんですが、この時期マスクをしているので、

お手拭きはいくつご利用ですか?と聞かれると、

スッとひとさし指をたてて、1つもらってました。

それに、パンを受けとるときも店員さんの目も見ず無言で受け取って店を出ていました。

自分も接客業やってるのに全然じゃねぇか、とセルフツッコミですわ。

 

仕事で疲れてるし腹ペコだしマスクしてるしパン屋混んでるし、言い訳はいくらでもあるんですが、

マスクをずらして、少し笑顔をつくり、

ひとつください、ありがとうございます、と店員さんに言うことはちょっと意識すればできる筈なんですよね。

それに、私の思う美人(ブリジット・バルドー)はマスクしたまま半開きの目で無言でパンを受けとりませんよ。

お手拭き?くださるの?ひとついただくわ。ありがとう✨またくるわね。

と、回転が命のレジ前で若干喋りすぎですが、そう言う筈です。

 

そしてやってみたところ、

 

できた!

 

という満足感がありました。

そして、応用編として仕事での立ち振舞いも明るくなり、何だか良い感じです。

お腹の中からポジティブな温かいものがジワーとしみだしてきているような幸福感があります。

 

わたしもこの本きっかけでジワジワ変われてるみたいです。

ということで、オススメです。