7時に起きる

もう二度寝はしない

続 自分のミスを認めない人

先日、自分のミスを認めない人(Aさん)と一緒に働いている事を書きましたが、

Aさんとの関わりかたにおいて、若干の違和感などがありましたので、書いておきます。

 

 

Aさんはミスが多く、注意されても素直に受け止められない人だということで。

女ばかりの私の職場はAさんに対する意見が総合的に合致してきました。

この人に関わりたくない、という思考です。

中にはあからさまに無視をしたり、厳しい態度をとる人もいて。(お局さんです)

これって、見方を変えるといじめだよなぁ、と思うわけです。

 

お局さんのあからさまな態度も子供っぽいな、と思いますけど。協調性がないAさんも自立してなさすぎで。

どうにも共存ができない。

 

それに、Aさんに腹立つ、という共通の話題で、

普段話さない人達との会話が多くなり、

お局さん含めたスタッフの結束力が固くなる始末。

 

これは、

これはいかんよなぁ、と思うわけです。

明らかにAさんは孤立してますし、このままではストレスで病んでしまうのでは。

 

いまわたしは、明らかにいじめっ子サイドにいる傍観者ポジションであり、

このままでは嫌だ、と思う自分がいます。

 

 Aさんは日々の自分の仕事が終わらずいっぱいいっぱいみたいです。

また、臨機応変に動くことも苦手で、

教えられた通りにやりとおして結局周りに迷惑がかかってしまったり。

とにかく働き方が、うちの職場に合っていなくて、

合わない部分を指摘しても、Aさんは素直に受け止められず、言い返してしまい、

それで反感も買ってしまう。

 

1を言えば10できる人もいるし、

1もできなくてアップアップな人もいる。

本来ならば能力差を受け入れつつ、協力しあうのが良い職場なのかもしれませんが。

この繁忙期、そうもいかない。

 

とりあえず、

前回記事を書いた時よりも、わたしの心が整理されて、Aさんへの姿勢がかたまってきた感じがします。

前はやりあったばかりで熱くなっていましたけど、

冷静に考えると、Aさんが気の毒な部分も多い。

Aさんがまわりに失礼だったり、迷惑をかけたのは本当なので、

この機会が自立するきっかけになればいいと考えています。

そして、お局のいじめっ子なムードには乗らず、

あくまで仕事のコミュニケーションは図りつつ、どちらにも距離をとっていく次第です。

 

やっぱりAさん本人が気付いて変わろうとしないと、みんなが気持ちよく働くのは無理だと思うんだよなぁー。